We enable technology.
In other words, life.

アシュリオンは、テクノロジーを可能にします。
つまり、生活を容易にします。
Keeping you more empowered, more accomplished and more available.
あなたにより力を、達成感を、時間を与えます。

Asurion Technology Kakegawa 株式会社は、携帯電話向け修理事業を通じ、国内携帯電話サービス事業の顧客満足度向上を目指しています。
この実現に向けて、社会やお客様の視点に立ち、迅速かつ的確な品質対応と修理品質向上、修理納期厳守と物流の最適化に取り組みます。

事業案内

『私達のサービス事業の原点は、移動体通信分野を中心とする商品のものづくりに有ります。』

【沿革】

■1991年〜2012年9月
パナソニック モバイルコミュニケーションズ梶i以下PMC)掛川工場として設立、Pブランドの携帯電話(フィーチャーホン・スマートフォン)の生産拠点として国内市場向けを中心に事業展開。
■2012年10月
PMCのサービス部門を完全子会社化した、パナソニック モバイルテクニカルサービス鰍設立。
Pブランドの携帯電話(フィーチャーホン・スマートフォン)の修理サービス事業を展開。
■2014年1月
PMCがAsurion Technology Japan梶i以下TJKK)へ、当社全株式を100%譲渡したことにより、TJKKの完全子会社となり、 新社名 Asurion Technology Kakegawa鰍ニして設立。
新たな修理サービス会社として生まれ変りました。

かつて、PMC掛川工場は、携帯電話の一大生産拠点として、国内のキャリア様を通じ、多くのお客様に、携帯電話(フィーチャーホン・スマートフォン)を、提供しておりました。

当社従業員は、当初からこのものづくりに携わり、品質・コスト・納期遵守の向上を追及する中で、ものづくりを支える品質管理力、高度な生産技術力、ものづくりのノウハウ、対応力、経営管理力を身に付け、進化させてきた人材の集団です。

私達は、今まで築き上げた、これらのスキル・リソースを活かし、更に進化し続ける事で、携帯電話の修理サービス事業で、新たな風を起すべく取組んでいます。

『私たちが目指しているのは国内携帯電話のサービス事業において 「業界CSNo1」です。 』

■迅速かつ的確な品質対応と修理品質の向上でお客様の信頼を得る
■修理納期厳守と物流の最適化

【取組内容】・・・・修理インフラ整備とQCDの更なる強化

  • 修理プロセスの最適化
  • インフラシステムの整備推進
  • 品質・TATの更なる向上
  • 難修理に対応した工法開発
  • 飽くなきコスト対応力の追求

【修理事業分野のパートナーとして・・・・・・・】

通信事業者様、顧客へのサービス向上に貢献する為、国内・海外メーカーの端末を対象に、競争力ある修理プラットフォームを実現し提供致します。

  • 安価で高品質な携帯端末修理を提供する
  • 国内外の様々な携帯端末に対応した修理を提供する
  • 他の修理事業者に対する技術・品質・サービスの優位性を維持する
  • 携帯端末のリユース・リサイクルを促進し、環境活動に貢献する

環境方針

基本理念

当社は、携帯端末の修理、サービス事業を行っています。

私たちは、環境保護に配慮した事業活動を推進するとともに、事業活動を通じて携帯端末のリユース、リサイクルを促進することにより、地球環境への負荷を低減し持続可能な社会づくりに貢献します。

環境方針

1.お客様の様々なニーズにお応えし、修理事業を拡大することにより、携帯端末のリユース、リサイクルを促進します。

2.修理品質と生産性の向上を追及し、エネルギーと資源の有効活用を推進します。

3.当社敷地内の緑地、環境施設、工場施設や工場設備を計画的に保全し、地球温暖化防止、生態系の保護や
  環境汚染の防止に努めます。

4.環境関連法規制及び関係するその他の要求事項を順守します。

5.目標を設定し、計画的な取組と定期的な見直しを行い、成果を挙げるために、環境マネジメントシステムの継続的な
  改善を図ります。

6.本方針を全従業員に周知するとともに、環境保護の重要性を認識し、環境に配慮した行動を実践するための
  教育・啓発活動を行います。
  また、派遣社員・委託会社・協力会社への理解と協力を要請します。

7.本方針は一般にも公開します。

2018年11月1日
Asurion Technology Kakegawa 株式会社
代表取締役 黒澤 賢司

情報セキュリティ基本方針

Asurion Technology Kakegawa 株式会社は、「安全、品質、コンプライアンスを全てに優先」を行動指針とし、「業界CS No1を実現する会社」を目指し事業活動に取り組んでいます。

私達は、お客様の情報、個人情報、技術情報を始めとする情報の保護が重要であることを認識し、情報セキュリティを経営の重要戦略の一つと位置付け、以下のように取組み、お客様の信頼獲得、健全なる情報化社会の実現に向けて尽力します。

1.情報セキュリティ体制

情報セキュリティの責任体制を構築し、情報セキュリティ規程に則り、適切な情報管理に取組み、当社の情報セキュリティ運用において、リスクマネジメントプロセスを確実に実行します。

2.情報資産の管理

情報は、そのセキュリティ確保のため重要性とリスクに応じ取扱いを明確にし、適切に管理します。
特に、技術情報、お客様からお預かりする情報、お預かり個人情報の機密性を重要視します。

3.教育・訓練

すべての従業員に対して情報セキュリティについての教育・訓練を継続的に実施し、その意識向上と情報セキュリティに関連する諸規定の徹底を図ります。違反者に対しては、懲戒も含め、厳正に対処します。

4.安心できる修理・保守・サービスの提供

修理・サービス業務推進において、情報セキュリティに則った修理生産環境の構築・運用に取組み、お客様の信頼を獲得するとともに、安心してご利用頂ける修理・サービスの提供に努めます。

5.法令遵守と継続改善

「安全・品質・コンプライアンスを全てに優先」の行動指針のもと、関連する法令、その他の規範を順守するとともに、環境の変化に合わせ情報セキュリティ確保への継続的な改善・向上に努めます。

2018年11月1日
Asurion Technology Kakegawa 株式会社
代表取締役 黒澤 賢司